豊島の農業【豊島WEB】

瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)観光協会情報サイト【豊島WEB】

豊島の農業

トップページ
豊島(てしま)ってどんな島?
豊島ニュース
豊島へのアクセス
お問い合わせ
リンク集

トップページ > 豊島の歴史 > 豊島の農業

 豊島の農業

最も水田が多かった時期には、全体で125ヘクタールの田が開かれていました。

300近いため池があり、豊かな水を利用し、早くから稲作が行われました。

減反政策や農産物自由化、過疎化による後継者不足によって衰退しています。

現在、唐櫃の棚田ではその水田を復活しようと、島内外の多くの人々の手により、唐櫃岡地区から浜地区にかけて棚田の再生に向けて作業が行われています。

 近年ではイチゴのハウス栽培が取り入れられ、高品質生産に成功し注目されています。

さらにレモン栽培も話題を呼んでいます。

 

見て遊んで楽しむ
店舗・宿・各施設
食の島[豊島]
食の島[豊島]
芸術の島[豊島]
季節を感じる
豊島の歴史
豊島のイベント情報
豊島へのアクセス
てしまっぷ
RSS