神子ヶ浜(みこがはま)【豊島WEB】

瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)観光協会情報サイト【豊島WEB】

神子ヶ浜(みこがはま)

トップページ
豊島(てしま)ってどんな島?
豊島ニュース
豊島へのアクセス
お問い合わせ
リンク集

トップページ > 見て遊んで楽しむ > 神子ヶ浜(みこがはま)

 神子ヶ浜(みこがはま)

神子ヶ浜(みこがはま)1家浦港より南西方向に約2,9㎞行くと、遠くに大小の島影が浮かぶのどかな瀬戸内海の風景を間近に見渡せる神子ヶ浜に着きます。

 

この神子ヶ浜の地名の由来は「古事記」「日本書紀」に登場する海神(ワタツミ)の娘である豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)がこの地で鵜の羽を集めて造った産屋で鵜草萓不合命(ウガヤフキアエズノミコト)を出産したと言う伝説から神の子の浜、神子ヶ浜と呼ばれるようになったと言われています。

 

 

 

神子ヶ浜(みこがはま)2 神子ヶ浜(みこがはま)3

 【地図】


より大きな地図で 神子が浜 を表示
見て遊んで楽しむ
店舗・宿・各施設
食の島[豊島]
食の島[豊島]
芸術の島[豊島]
季節を感じる
豊島の歴史
豊島のイベント情報
豊島へのアクセス
てしまっぷ
RSS